トップ

虫歯で歯科へ行く時

歯科治療で使うアンレーの特徴

アンレーは歯科では必要不可欠

虫歯になり歯科に行った場合にアンレーという詰め物をしてもらうことがあります。アンレーはインレーとは違い、大部分の臼歯部のかみ合わせが虫歯になった時に使います。一方インレーは削ってできた場所に使用します。どちらも健康な自分の歯が残っていないと使用できません。歯科ではこのような虫歯の削り方によって詰め物の種類を工夫してくれます。どちらも価格の面でも手頃な値段となっているので、虫歯に悩む人の強い味方です。日ごろから虫歯にならないためのケアはもちろん大切ですが、なってしまってもこのような治療を施してもらえるので安心です。

インレーとアンレーについて

歯科の虫歯治療では詰め物が使用されることもあります。インレーは虫歯などを削った後に穴を埋めるようにして詰め込むもので、アンレーは歯の上側のみを覆うものです。全体的に被せるものはクラウンと呼ばれています。虫歯などの状態によって削る方が異なりますが、その削った状況によって詰め物の種類が違ってくるのです。歯の寿命を考えるとなるべく削らない方向性が望まれる治療となります。ですから、最初から全体を覆うために大きく削るクラウンタイプにするのではなく、まず部分的に削るインレーかアンレーかを検討をするのです。治療方針について歯科で相談するときに、良い提案を受けられるよう、予め知っておくと便利な豆知識です。

↑PAGE TOP